車の購入でのローンを選ぶのは

車を買うときに現金一括で買うか、マイカーローンなどで買うかで悩むことが多いです。車は数百万円することも珍しくないので貯金している方でも多額の支出は二の足を踏んでしまいます。しかし、ローンだと金利負担が大きいし、金利がもったいないと考える方も少なくありません。それでも車の購入にはローンの利用がお勧めです。車のローンには2つの種類があります。1つは返済後にもそのまま乗り続ける方法、もう1つは支払い終了後に返却する方法です。前者はこれまでの一般的な借り方です。2つ目は残価設定型と呼ばれる新しいタイプの借り方です。グレードの高い場合には借入額も増えますが、残価設定型は設定された支払い年数が経った場合の買取価格を設定し、その買取価格分をローンから減らす借り方です。グレードの高い場合で予算オーバーな場合でも乗れるチャンスが増えますし、家族の状況や生活スタイルが数年後に変わるかもしれず、買うタイプを変えなくてはならないと思う方には特におすすめのプランです。残価設定型はグレードやタイプによって買取価格が決められており、人気のあるタイプの場合は特に買取価格が高く設定され、残価が減ることが多く、ローンの支払総額が減ることも多いです。また、残価設定型は所有権が無いので税金の支払いが必要なく、また、各種メンテナンス費用も入ったローンとなることが多いので、ただ乗れればいい、子供が大きくなるまでは7人乗りが必要だけど、あと少しでもっと小さいタイプでもいいと考えるような場合にはお得です。マイカーを所有することはステータスと呼ばれる時代もありましたが、現在ではマイカーというよりも、使いたいときに使えればよく、所有にこだわらない方も珍しくありません。マイカーローンも時代に合わせてさまざまなタイプが生まれていますが、現在ではリースのように考え、所有するのではなく、利用することに重きをおく方が増えてきています。

マイカーローンの決め手は何? ALL RIGHTS RESERVED

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪